少女300人殺しても自由の身?人肉食も罰金刑?野放し状態の世界の凶悪犯罪者…

レイヤ
こんにちは。レイヤです。
世の中には常人には考えられない犯罪を犯す人がいます。
リサ
日々平気な顔をして社会に溶け込んでいる人も少なくないでしょう。
世界には私たちが想像を絶する残虐な犯罪を犯してもなお、正当に裁かれているのか疑問に思う犯罪者や殺人犯がいます。
今回は、その中でも法律の抜け穴をまんまとすり抜けた犯罪者をご紹介します。

リック・ギブソン

スクリーンショット 2017-05-08 2.53.16
出典元

1980年代に存在したリック・ギブソンという名のアーティスト。
元々少し変わったタイプのアーティストだったようですが、1988年、”共食い人種”と自らを宣伝するプラカードを掲げ、大勢の人の前で人間の扁桃腺を食べたそうです。

当時の法律では彼の行為を禁じることができず、罰金を科すくらいしかできなかったそうです。

レイヤ
人間の睾丸を食べたこともあったとか…

いまだに世界の海の95%は調査されておら...