痛すぎる!少女の体を切り刻むエチオピアの「スルマ族」… 痛く美しい衝撃の儀式とは。

何のためのスカリフィケーション儀式?

スクリーンショット 2017-04-29 20.29.15
出典元

一体なぜ肌に傷痕を作る為にナイフやカミソリで肌を切るのか、我々には理解しがたいところですが世界にはさまざまな考え方が存在するのですね。

スルマ族にとって、思春期の女の子が身体を切り割かれる痛みを我慢できることは、その子の精神的成熟と出産への意欲を示すものと考えられるそうです。

レイヤ : スルマ族の人もそのスカリフィケーションは部族の美しさの象徴だと思っています。
逆に部族の男性は傷のない肌を「醜い」と感じるそうです。


儀式を受ける12歳の少女

スクリーンショット 2017-04-29 20.21.52
出典元

写真家のエリック・ラフォルグ氏が12歳の少女が受ける伝統儀式を目撃することができ、その時のことを語っています。

その少女はカミソリで肌を切られ続けた10分間、言葉を発することなく痛そうな様子さえ見せなかったそうです。
血が流れている傷口にはハエが群がっていたといいます。

ラフォルグ氏が儀式後に彼女に肌を切られるのはつらくなかったかと尋ねると、もう少しで失神するところだったと告白したそうです。

マサヤ : 痛そうにすることは、家族にとって恥になってしまうからとも言っていたそうです。
わずか12歳にしてそう思えること自体すでに精神的に成熟していると思いますが…。



明るく神々しいところだけではなかった。 ...
通勤や通学で毎日電車を乗るみなさんは、 ...