27年間独りで森に引きこもり究極のニート生活をおくった男性!その理由と生活の実態とは…






リュウジ
こんにちは。リュウジです。
皆さんは現実から逃げ出したいと思う事はありますか?
カズキ
お金の問題がありますよね。
リュウジ
今回はお金もなく独りで27年間ニート生活を送った男性の実態に迫りたいと思います。

全てを捨てて突然森に引きこもった男

スクリーンショット 2017-04-13 21.14.17

スマートフォン、パソコンなど便利なもの全てを捨てて独りで暮らす生活を考えられますか?
たまに喧騒な世界から静寂な世界へ行きたいと思う事はあるかもしれませんが、それが27年間続くと思うと…

今回は20歳の時に森に入ったきり、27年間現実の世界から遠のいていた男性をご紹介します。






アメリカに住むクリストファー・ナイトさんは優秀で照れ屋な性格の20歳の青年でした。
そんな彼はある日突然、自宅を出て車のガソリンがなくなるまで運転した後、車を捨てて森の中へ消えたのです。

そして食料を盗んだ罪で逮捕されるまで27年もの間、誰とも言葉を交わすことはありませんでした。

冬はマイナス7度まで気温が下がる中、その場しのぎのテントで暮らしていた彼は地図やコンパスなど一切所持しておらず、本で読んだ程度のサバイバルの知識しかなかったそうです。

どのように彼は過ごしていたのでしょうか?







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です