死人の肉や排泄物をも食べるヒンドゥー教の異端『アゴーリ派の僧侶たち』

ヒロアキ

こんにちは。ヒロアキです。

今日はインドに存在するヒンドゥー教の異端者についてご紹介したいと思います。


マサヤ : まさか人の肉を食べるなんて、、、


不老不死を求めるアゴーリ派の僧侶

0_e3

ウッタル・プラデーシュ州ワーラーナシーのガンジス川のほとりに住んでいるのは、ヒンドゥー教の異端として知られているアゴーリ派の僧侶たちだ。アゴーリ派は1000年の歴史を持つ宗派である。

多くのヒンズー教徒が菜食主義であるのに対し彼らは肉を食べる。そして肉はただの肉ではない。

死人の肉や排泄物をも食べるのだ。

死者と積極的に関わりあうことで、神通力が備わり、不老不死が得られると信じているのだ。

明るく神々しいところだけではなかった。 ...
通勤や通学で毎日電車を乗るみなさんは、 ...