人口の半数以上が性犯罪者の町!?アメリカの小さな村「ミラクル・ビレッジ」の実態が明らかに….

マサヤ
こんにちわ、元々刑務所に入っていたマサヤです。
リサ
あ、そうだったねwww
マサヤ
しっかりと更生しました笑

性犯罪者の社会復帰

 bloodbath-891262_960_720

 海外の事例

米バージニア州リッチモンド市郊外に、州立素行更生センターという施設がある。刑務所ではなく、性犯罪を起こした受刑者が刑期満了後に送り込まれる場所だ。定員300人。そこにリジナルド・アーティス(本名)という52歳の男性がいる。

アーティスがなぜ施設にいるかと言えば、23歳の時(1987年)、同じ職場にいた17歳の少年を犯したからだ。少年は訴訟を起こし、アーティスは強姦罪で25年の実刑判決を言い渡される。予想外の重い量刑だった。

けれども犯行を起こしたのは間違いなく本人であり、罰を受け入れるべきであると判断して控訴せずに服役する。彼にとって、唯一の望みは2012年の釈放だった。

 

長い年月が過ぎ、釈放日を目前にして再び予想外のことが起きた。

アーティスは十分に更正できていないと判断されて、刑期を満了したにもかかわらず釈放されなかったのだ。

実は刑務所内にいる精神科医は釈放に肯定的だった。再び性犯罪を起こす可能性がないか評価テストを繰り返し、「あなたはもう性犯罪者ではない」と診断した。だが、裁判官がアーティスに別の施設への移監を命じるのだ。民事上の拘禁だった。

http://jbpress.ismedia.jp/

 

マサヤ

このように海外では、いや日本でも性犯罪者というのは社会復帰をさせてはいけないという風潮があります。

再犯率が高いというのもその原因の一つなのではないでしょうか???

海外にはそんな性犯罪者を集めた小さな村があるとか。。。。 

 

いまだに世界の海の95%は調査されておら...