【驚愕】死刑執行直前に残した、アメリカの死刑囚達の「最期の言葉」が衝撃的過ぎる…

こんにちわ、ジャックです。
今日は死刑囚が残した最後の言葉をご紹介したいと思います。
どんな凶悪な人でも死ぬ直前に残す言葉となると様々なんですね
考えさせられる記事です!
ご覧ください

死刑囚最後の言葉

8d4abd7b-l
withnews.jp

普通に生きている人は、自分の死期を他人によって定められることはない。だが、死刑制度のある国で、死刑宣告を受けた者は、自らの犯した罪を、その命をもって償わなければならない。

人は明日も命があるという前提があるからこそ生きていける。例え犯罪者といえど、明日につながる未来がないと悟った者の言葉というのは興味深いものがある。これらは、死刑執行の直前に死刑囚らが残した言葉の記録である。最期まで罪を認めようとしないもの、罪を認め後悔するもの、神に感謝するもの、家族を想うもの、それぞれに違った人生の縮図がある。

“人間というやつは、いま死ぬという土壇場にならないと、気のつかないことがいろいろある。”  山本周五郎


いまだに世界の海の95%は調査されておら...