【衝撃】日本ではあり得ない!?海外の世界的企業で行われていた酷すぎる従業員の扱い top10

 2015年8月15日、ニューヨークタイムズが、アマゾンの劣悪な職場環境を暴露した。”勝者がすべてを得る”文化であるこの職場の裏で、従業員は互いに汚い手を使って相手を負かすようけしかけられていることがわかった。
従業員の扱いがひどい企業はアマゾンに限らない。ここでは従業員の扱いがひどいと指摘されている10の世界的企業を見ていくことにしよう。

10. ファミリーダラー(アメリカの百均ショップ)
サービス残業に過酷な労働

6e845d5d

大不況以来、ファミリーダラー、ダラージェネラル、ダラーツリーなど、1ドルショップが爆発的に増えた。どうしてこんなに低価格でビジネスが成り立つのか? それは従業員を酷使してしているからだ。

1938年の公正労働基準法以来、企業は時間給従業員にきちんと時給を支払い、残業したら、その半分を払わなくてはならなくなった。その結果、1ドルストアに限らず、ほとんどの企業が従業員の労働時間を週40時間に制限せざるをえなくなった。対策として、正社員を管理職に昇進させて、固定給料を支払う代わりに、長時間働かせてこき使い、結局は昇進前となにも変わらない状況に陥らせることにしたのだ。

責任が重くなるばかりか管理職とは名ばかりで、実際は重労働を課せられ、労働時間も長くなった。2013年、14人のファミリーダラーの”管理職”たちが、床磨きや荷物の棚上げ作業を残業代なしで週60時間以上やらされたとして、会社を訴えた。ある原告は、週のうち3日は店で睡眠をとることを余儀なくされ、指をざっくり切ってしまったのに、自分のシフト時間が終わるまで治療することを許されなかった原告もいた。

万引きにはあくまで立ち向かえというファミリーダラーの方針もショッキングだ。必然的に従業員に身の危険が及ぶことになるが、万引き犯とやりあって負傷したある従業員が、もう重労働はできないからという理由で契約を打ち切られた例もあった。


いまだに世界の海の95%は調査されておら...